初期費用はね

賃貸での敷金・礼金0円って良い?

賃貸探しをしていると敷金、礼金0円という物件を見かけることもあるのではないでしょうか。
一般的には敷金が家賃の二ヶ月分、礼金が一ヶ月分、もしくはそれ以上必要なことが多く、その他に仲介業者にも家賃の一ヶ月分払うなど、賃貸契約はとにかく初期費用がかかるというイメージをお持ちの方も多いでしょう。そんな時に敷金礼金0円と聞くと、お得だな、いいなと思う方もいれば、何か裏があるのではないかと疑心暗鬼になる方もいるのではないでしょうか。

 

基本的に裏のある賃貸物件を知らずに借りてしまうという状況はありえません。いわゆる事故物件の場合、契約する前に説明をすることが義務づけられています。どんなに条件が良くても家賃が安くても住みたくないという人は多いので、積極的にすすめるということもあまりないでしょう。怪しい物件ではないか、ということは心配する必要は皆無でしょう。敷金礼金0円は初期費用がかからないので、まとまったお金がない方には嬉しいものです。
しかし、覚えておかなければならないのが退去する時です。通常は退去の時には払った敷金のなかから原状回復のための費用を差し引きます。多くは敷金の範囲内でおさまりますし、場合によってはたくさん返ってくることもあります。自分で払ったお金なので臨時収入というわけではありませんが、その分を引っ越し費用に当てたりできるので助かる存在でもあります。入居時に払わない場合は、退去時に原状回復の費用分を貯めておく必要があります。このことを忘れないようにしましょう。

 

最近は賃貸物件は借り手市場と言われており、空室も多いのです。住居は空室のままの方が傷みが早いという話を聞いたこともあるのではないでしょうか。住んでいる人がいると換気や掃除を日常的にしますし、一定のクオリティは保たれるのですが、誰も住んでいないと管理会社がわざわざ換気や掃除に出向かなければならないなど家賃収入は無いのに維持費はかかってしまうのです。
賃貸を空室のままで置いておくのはもっとも避けたいことと言ってもよいでしょう。そのため、とにかく誰かに住んで欲しいという思いから敷金や礼金を0円にしているということが多いのです。人は不思議なもので、安過ぎるとそれはそれで新たな不安を感じるものです。ちょっとした疑問でも不動産業者に聞いてみたり、自分で調べたりしてみることで解決することもあります。メリットやデメリットを理解して賢く賃貸探しをしましょう。

■お気に入りサイト
無垢フローリングの良さを
良さをしって体感して生活の中に
一生の思い出になるコンセプトウェディング
完全オーダーメイドのBLISSWEDDINGへ
信頼できる会社設立サポート会社は
ベンチャーサポートは会社設立実績が1万社以上あるから安心