初期費用はね

賃貸物件で増加している0円物件

賃貸物件を契約するには敷金や礼金、仲介手数料などの費用がかかりますが、地域の慣行によって異なりますので金額については地域によって異なるのが普通です。契約時にはほとんどの場合で支払うものですが、家賃に決められた月数がかけられますので高額な資金が必要になります。最近では0円物件と呼ばれる賃貸物件が増えていますが、文字通り敷金と礼金が0円となっていること意味します。入居契約時に余計な費用がかかりませんので、経済的に入居することが可能ですから若い世代にはメリットの多いシステムと言えます。賃貸で0円物件を利用するには取り扱いのある不動産業者を探す必要がありますので、選択できる物件が限られてしまうというデメリットがあります。全ての不動産業者が行っているサービスではありませんので、希望通りの物件が見つかればいいですが希望にそぐわない物件となるケースも出てくるのです。0円で提供していることで疑問に感じる部分に退去時の原状回復費用があります。居住用賃貸物件の原状回復費用には敷金が当てられますので、敷金がない物件では原状回復に充てる費用が無いことになるのです。0円物件の特徴では、周辺の相場よりも家賃が高めに設定されているのが普通です。家賃に敷金や礼金が含まれているケースもありますし、全く含まれていないケースもありますので契約時には必ず確認する必要があると言えます。また敷金や礼金を取らない代わりに入会金や年会費制を導入している不動産業者もありますので、内容については確実に確認することが大切です。0円物件の場合、退去時にはクリーニング費用と原状回復費用が請求されるのが一般的です。敷金と礼金で賄われている部分が無いわけですから、退去時には実費で負担することになるのです。入居契約時には敷金と礼金がないことで低費用で入居できるメリットがありますが、退去時にはトラブルが多いことも理解してから契約する必要があります。