初期費用はね

初期費用は抑えても退去費用が

最近では敷金・礼金が0円で契約できる賃貸物件が増えていますので、初期費用を抑えることで経済的に入居できるメリットがあります。初期費用は家賃の数カ月分となるのが一般的ですから、入居時には大きな負担となってしまいます。0円で契約できる賃貸物件は入居時の負担を減らすことが可能ですから、資金に余裕のない人でも楽に契約ができるメリットがあります。しかし退去時にはハウスクリーニングと、契約時に定められた部分に関しては原状回復を行なう必要がありますので、入居時に費用が抑えられても退去費用は掛かり増しになってしまうのです。敷金は本来であれば大家に預ける金額という意味合いがあり、入居中に発生した汚損に関して原状回復をするために使われています。賃貸物件ではほとんどが同じ使われ方をしていますので、退去時に発生する費用を抑えることが可能です。敷金が0円ということは原状回復にかかる前払金がないわけですから、請求額に対して実費で支払わなければならないのです。ですから敷金と礼金が無料だとはいっても、退去までのトータルコストで考えれば必ずしも経済的ではないという意識を保つ必要があります。敷金・礼金が0円の賃貸物件を契約するときは、契約書の内容をしっかりとチェックしてからにする必要があると言えます。敷金・礼金が0円の物件には、周辺の相場よりも家賃が高く設定されている場合もありますし、家賃に含まれている場合もあります。また借り手がなかなか見つからないような問題のある物件の場合もありますので、契約前には物件の確認が必要ですし、契約する部分だけではなく周辺の環境について情報を収集する必要があると言えます。敷金・礼金0円の賃貸物件には初期費用を抑えられるメリットはありますが、退去までのトータルコストでは高くつくことが基本となります。契約時には契約条項をしっかりと確認することが大切ですし、家賃相場や物件の環境などもしっかりと確認する必要があると言えます。