初期費用はね

デメリットばかりではない

賃貸契約時は、普通は敷金礼金と前家賃、そして仲介手数料を取られるのが一般的です。

 

しかし、最近は礼金ゼロ円の所ばかりか、敷金もゼロ円の物件が出てきています。
敷金礼金ゼロ円の物件は、所謂『ゼロゼロ物件』と呼ばれています。
一見して、敷金礼金がかかりませんので借主が有利に見えますが、実は落とし穴があります。

 

一般的の賃貸物件は敷金を契約時に取っており、借主が退去するときの原状回復名目で敷金が使われ、その残った分が借主に戻ってきます。敷金は、一応返ってくるものです。

 

では、ゼロゼロ物件の場合はどうなるかと言いますと、実費精算です。
契約時に敷金を払っていませんので、当然と言えば当然ですが、退去時の原状回復で結構な金額を支払う羽目になる事が多々あり、一般的の賃貸物件と契約していたほうが安上がりになるケースもあります。
この原状回復の線引きも不透明ですので、不動産会社によっては多額の原状回復費を請求してくる所もあります。

 

そして、家賃を滞納した場合です。
敷金は家賃を滞納した場合に家賃分として使われる事があります。
ゼロゼロ物件で家賃を滞納したらどうなるかと言いますと、管理会社が部屋に入れないようにする、所謂ロックアウトされます。

 

このようなデメリットがゼロゼロ物件に存在しています。

 

次に、契約時に必要な身元保証人です。
一般的の賃貸契約では、身元保証人が必須です。この身元保証人は、借主が家賃を滞納した場合に肩代わりするのが身元保証人です。
管理会社も身元保証人が要る人を入居させたほうが安心できます。

 

ゼロゼロ物件では、身元保証人が不要でも借りることが出来る物件が存在しています。
一定の収入さえあれば誰でも借りることが出来ますが、このご時世、隣が前科犯が住んでいるという事もなくはないです。
隣人がどのような人かわからない前科犯だというデメリットがあります。

 

ゼロゼロ物件はデメリットばかりではなく、精神的につらいと言える点が存在します。